加齢とともに、ホホ、額、こめかみ、目の下、などの皮下脂肪が減っていきます。脂肪が減ると、ハリが失われ老けた印象になってしまいます。ヒアルロン酸を注入することで肌のハリを助け、老け顔の印象を改善致します。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸とは、人間がもともと体内に持っているもので、関節炎や角結膜上皮障害の治療薬、白内障・角膜移植手術時における前房保持剤として利用することもある身近な潤い成分ですので、人体に悪い影響はありません。
保水力や粘度が高いため、コラーゲンと同じ位ハリや潤いを保つのに重要な存在となります。そのヒアルロン酸をシワやたるみ部分にダイレクトに注入し、内側から隆起させ、シワを伸ばしたり、ふっくらとした造形を形づくるのが、「ヒアルロン酸注射」です。

また、シワやたるみを隆起させるだけでなく、顔のリフトアップ効果にも期待できます。

注入部位や、患者様の肌質、皮下組織の厚さにより注入すべきヒアルロン酸の種類や量が変わってきます。
当院では、それぞれの患者様に合った方法で注入をしております。

知っておきたい、一般的なヒアルロン酸の基礎知識

ヒアルロン酸注入は、「注入するだけ」、「わずか10分の施術」という気軽さから、年間を通して人気が高い施術となっています。

お顔の皮下脂肪は、加齢とともに萎縮し、だんだんとボリュームが無くなっていきます。また、重力の影響によってたるんできます。そのため、どうしても、ハリが失われ、しわ、ほうれい線、ゴルゴじわなどの凹みが目立ってきます。

この凹んだ部分にヒアルロン酸を注入すると、皮膚が内側から隆起し、フラットに改善されます。また、肌にふっくらとした若々しいボリュームが生まれますので、お若い頃の印象に近づけることができます。

ヒアルロン酸は、目の下の凹んだたるみの改善にも効果的で、鼻やあごを高くする輪郭形成・プチ整形においても人気があります。

そして、このヒアルロン酸ですが、実は、たくさんの種類があり、大きくわけて、「硬いもの」と「柔らかいもの」とがあります。

そのため、当院では、注入箇所によって、使いわけをお勧めしています。

なぜなら、目元などの皮膚が柔らかい部分に、硬いヒアルロン酸を注入すると、皮膚表面が凸凹になってしまいます。また、逆に、皮膚が硬い部分に、柔らかいヒアルロン酸を注入すると、デザイン通りの「盛り上がり」を作ることができません。

硬いヒアルロン酸は、横流れしないため、イメージ通りのボリュームをつくることができます。さらに、効果の持続期間が長いため、鼻・顎等の輪郭形成にご希望される方が多いです。

ヒアルロン酸注入の部位紹介

ヒアルロン酸注入は、下記の図をご参考ください。
その他の部位に関しましては、お気軽にご相談下さい。

次に当院で使用しているヒアルロン酸についてご紹介いたします。
当院ではヒアルロン酸はすべて麻酔入りのものを使用しております。

テオシアル 安全性の高いヒアルロン酸注入剤

「テオシアル」はTEOXANE社(スイス)製のヒアルロン酸注入剤で、現在ヒアルロン酸注入剤の販売数では世界トップ3の製品です。

また、「テオシアル」は2008年Aesthetic Medicine Awardsの「Injectable Product of The Year(年間最優秀注入剤賞)」を受賞し、
患者の満足度、治療結果、効果の持続期間、使用感、カスタマーサービスなどの12の選考基準において高い評価を得た、
高品質で安全性の高いヒアルロン酸注入剤です。

テオシアル ピュアセンス ファーストライン

firstLines

適応は細かいしわ、浅い目尻のしわ、頬周辺のしわです。

持続期間は約3~4か月です。
この製品は従来のテオシアルに麻酔剤(リドカイン0.3%)を加えたものです。

*メーカーが実施した臨床試験では注入した患者の90%が従来のテオシアルに比べ注入時の痛みが少ないと実感しております。

テオシアル ピュアセンス グローバルアクション

GrobalAction

適応:中等度のすべてのしわ。眉間のしわ、ほうれい線、頬周辺のしわ。

追加治療までの予想持続期間:平均6~9か月
この製品は従来のテオシアルに麻酔剤(リドカイン0.3%)を加えたものです。

*メーカーが実施した臨床試験では注入した患者の90%が従来のテオシアルに比べ注入時の痛みが少ないと実感しております。

テオシアル ピュアセンス ディープライン

Deep Lines

適応:深いしわ。ほうれい線、頬周辺のしわ、鼻・顎への注入。

追加治療までの予想持続期間:平均1年
この製品は従来のテオシアルに麻酔剤(リドカイン0.3%)を加えたものです。

*メーカーが実施した臨床試験では注入した患者の90%が従来のテオシアルに比べ注入時の痛みが少ないと実感しております。

常識を大きく変えた、新しいヒアルロン酸Cleviel(クレビエル)とは

Cleviel(クレビエル)は、硬い質感のヒアルロン酸です。
にも関わらず、とても滑らかで、「細い針」で注入することができます。そのため、注入時の痛みや、内出血の心配がほとんどありません。また、麻酔薬であるリドカインが配合されているため、痛みがさらに軽減されています。

Cleviel

注入できる箇所

  • ゴルゴじわ
  • ほうれい線
  • 鼻(高さを出す)
  • あご(輪郭を整え、高さを出す)

Cleviel(クレビエル)の特徴

  • 高濃度ヒアルロン酸(世界最高レベル)
  • 硬い質感なのに、細い針で注入できる
  • 麻酔入り、痛くない
  • 効果の持続期間が長い

Cleviel(クレビエル)は、硬い質感のため、横流れすることがなく、イメージ通りの「盛り上がり」をつくることができます。ゴルゴじわやほうれい線のくぼみを埋める、鼻の高さを出すといった施術には最適といえるでしょう。
また、世界最高レベルの高濃度ヒアルロン酸であり、さらに、分子同士の架橋が従来の製品と比べてはるかに高いため従来のヒアルロン酸は約25ml/mgの濃度が高いとされておりましたが、クレビエルは約2倍の濃度の50mg/mlで効果の持続期間が長いということも特徴です。

事例紹介

注入例 ほうれい線

ヒアルロン酸の料金

テオシアルピュアセンスファーストライン(目の下、唇) 1本(0.7cc)
¥ 36,100
テオシアルピュアセンスグローバルアクション(ゴルゴライン・頬・法令線) 1本(1.0cc)
¥ 43,300
クレビエル(鼻・顎) 1本(1.0cc)
¥ 55,000
レディエッセ 1本
¥ 64,900
ヒアルロニダーゼ(ヒアルロン酸を溶かす注射)
¥ 32,400
詳しくは、こちらからお問い合わせください。

お問合せ

診察時間 10:00~19:00
休診日  不定休 

お勧めサイト pick up

ヒアルロン酸

アクセスマップ

モバイルサイト